思い出が残せる

お宮参りは、赤ちゃんが生まれたことを神様に報告して、赤ちゃんが健やかに育つことを願うための行事です。お宮参りの時期は、男の子と女の子で少し違いがあります。男の子は、生後31日目か32日目が良いとされており、女の子では、32日目か33日目が良いとされています。しかし、これはあくまで目安であるため、この日でなければダメというわけではありません。生まれてから30日前後の天気がいい日を選んで神社にお参りに行くと良いでしょう。また、お宮参りは地域によって習慣が違うため、その地域に合った風習に従って行うとよいです。

お宮参りでは、赤ちゃんが生まれてから初めての行事になるため、記念に残そうと写真を撮る人が多いです。そのため、神社内では家族揃って写真を撮る姿をよく見かけます。写真は思い出として一生残るため、子どもが成長した時に当時のことを振り返ることができます。また、写真を撮ることで、家族の絆が深まります。写真は、個人的に神社内で撮る人もいますが、写真館に行って撮る人もいます。個人で撮ると手ブレを起こしたり、撮っている人が映らないため、1人がかけてしまったりしてしまう場合があります。しかし、写真館では、プロのカメラマンの方が撮ってくれるため、家族が欠けることなく綺麗な写真が仕上がります。また、写真が汚れないように工夫もされているので、何年経っても色褪せることなく綺麗な状態で保存ができます。家族揃って写真を撮る場合は、写真館に依頼するとよいでしょう。